エピソード

中島翔哉のかわいいエピソード

中島翔哉選手の特徴

サッカー日本代表の新エースと呼び声高い中島翔哉選手。

中島翔哉選手は、1994年生まれ(フィギュアの羽生結弦選手と同い年)で、東京の八王子出身です。

6歳の頃にサッカーを始めるも、ちょうどその時期に両親が離婚。母子家庭で育ち、二つのサッカースクールとフットサルの教室に通っていました。

中島翔哉選手は、身長がわずか164cmと世界的に見ても相当小柄な選手ですが、所属するクラブチームでは得点に絡むことも多く、ロシアW杯では残念ながら代表に選ばれなかったものの、新生日本代表ではエース候補として存在感を発揮しています。

日本代表は11日、コスタリカ代表と対戦して3-0と快勝した。森保一監督の就任初戦となったこの試合で最も輝きを放ったのは、背番号10を背負った中島翔哉だった。

この試合で見せた水準を維持できれば、日本の新たな中心となることができるはずだ。

出典 :【英国人の視点】中島翔哉こそ、日本の宝石。初陣で放った眩い輝き。新たな代表の中心に

中島翔哉選手のプレースタイルの特徴は、「楽しい」という一言に集約されます。

もちろんドリブルの技術も素晴らしく、得点に繋がるパスも出し、自らでシュートを狙いにいく積極性も兼ね備えています。

まさに日本代表の攻撃の「核」となっています。

しかし、その全てを「楽しそうに」行っていることに中島翔哉選手の強みがあります。

これは実際に中島選手本人が番組のインタビューでも自らの「ストロングポイント」として挙げています。

天然で奥さんが大好き、中島翔哉の『日本サッカー新時代』の回答天然で奥さんが大好き、中島翔哉の『日本サッカー新時代』の回答 テレビ朝日で放送されたアジアカップの直前スペシャル番組『日本サッカー新時...

中島翔哉選手が出場した代表戦の試合のサッカー解説者も、「面白い!」と連呼していたように、本人だけでなく、見ているこちら側まで「面白い」「楽しい」とワクワクさせてくれるようなプレーをしてくれます。

この「楽しいサッカー」というのが、中島翔哉選手の何よりも特筆すべき特徴と言えるでしょう。

先日の代表戦の試合後のインタビューでも、「今後どのようなプレーで代表に貢献していきたいと思いますか?」と問われた中島選手は、無邪気で可愛い笑顔を浮かべながら次のように語っていました。

まずはしっかりと楽しんで、見ている人たちも楽しいサッカーをしたいです。

出典 : 中島翔哉 新背番号「10」の存在感 ファン大歓声「本当に楽しかった」


中島翔哉選手のかわいいエピソード

中島翔哉選手は、インタビューでの話し方もゆったりとした口調で、試合後であっても険しい表情をすることもなく、穏やかに語るので、聞いているこちらまでほっとさせてくれます。

また、子供の頃から生粋のサッカー少年だった中島選手には、ある無邪気でかわいいエピソードがあります。

サッカーがとにかく好きで、授業中でも家でもボールと過ごしていた中島少年は、学校が終わってからも、時間があれば一人で練習し、夜寝ているときもボールを離しませんでした。

サッカーボールを布団のなかに入れ、布団のなかで飼い犬と一緒に「三人」で寝ていたと笑顔で語ります。

画像 : 「アスリートの輝石」| BS日テレ

清々しい笑顔で、ボールと犬と三人で寝ていたと、漫画『キャプテン翼』の大空翼よろしく「ボールはともだち」を実践する中島翔哉選手。

画像 : 『キャプテン翼』

もっと強い相手とも楽しくサッカーがしたいから、もっと厳しい練習をしていくと中島選手は言います。

今後、さらに強豪のチームを相手にも、どんな大きな舞台でも、「楽しい」サッカーを貫いていってほしいと思います。