思うことを気ままに

中島翔哉のカタールリーグの試合を見た感想

中島翔哉のカタールリーグの試合を見た感想

中島翔哉選手がカタールリーグのアルドゥハイルに移籍して以降のリーグ戦の試合は、基本的にネット中継で観戦してきました。

ちなみに、アルドゥハイルの試合の放送は、ネット環境があれば、スマホでもパソコンでも以下の方法で視聴(無料)することができます。

中島翔哉所属カタール・アルドゥハイルの試合の放送中島翔哉所属カタール・アルドゥハイルの試合の放送予定 中島翔哉選手の所属するカタールリーグのアルドゥハイルの試合を、「生中継で見たい」...

細かい戦術的、技術的なことはわかりませんが、ざっくりと中島翔哉選手のカタールリーグの試合の率直な感想をまとめたいと思います。

感想1、中島翔哉の技術はピカイチ

まず、カタールリーグでの中島翔哉選手は、確実に技術面で他を圧倒しています。

日本代表で国際チームを相手にするときと同じように、毎試合必ず何度かチャンスを演出します。

慣れてくれば、冗談抜きで毎試合ゴールも不可能ではないと思います。

感想2、カタールリーグのレベルは低い

カタールリーグでは、中島翔哉選手の所属するアルドゥハイルと、元スペイン代表のシャビが所属するアルサッドが二強です。

ほぼこの2チームで、アジアカップを制したカタール代表チームも構成されるほど、他のチームを圧倒しています。

以下はシーズン順位表です(レフウィヤ=アルドゥハイル)。

カタールリーグ 2017-2018

カタールリーグ 2018 – 2019

確かにサッカーアジアカップのカタール代表は強かったですし、決してまぐれではなく子供の頃からの英才教育や、多くが国内リーグ所属でスペインサッカーを模範とした代表強化も進み、技術だけでなく連携も素晴らしかったと思います。

カタールリーグも、先日の首位決戦、アルドゥハイルvsアルサッドの試合を見ると、個々の技術は高いと感じました(アルドゥハイルのディフェンダー陣は×)。

動画 : アルドゥハイルvsアルサッド

ただ、その両チームとも、チーム内の連携はそれほど取れているようには思えません。

個がバラバラに好き勝手にサッカーをしている印象で、代表チームの連携力と比較すると雲泥の差です。

その2チーム以外のカタールリーグ全体の感想としても、レベルは正直だいぶ低いと思います。

感想3、観客が少ない

そのレベルの低さ(必死さも足りない)の理由の一つは、驚くほどの観客数の少なさがあると思います。

首位決戦で、ようやく多少お客さんが入っているものの、それ以外の試合はほぼ空席です。

鳴り物を鳴らしているファンも、実は労働者階級を雇った盛り上げ専用のサクラだそうです。

観客が少ない理由は、以下で解説しています。

カタールリーグ「アルドゥハイル」の試合に観客がいないの巻カタールリーグ「アルドゥハイル」の試合に観客がいないの巻 中島翔哉選手がアルドゥハイルに移籍して以降、スマホで放送を観ているのですが、...

これだけ観客が少ないと、確かに必死になって闘ったり、チーム内の緻密な連携を高めようというモチベーションには繋がらないでしょう。


感想4、中島翔哉がパスをもらえない

ブログやインタビューなど本人の言葉を聞くと、楽しいサッカーをするためにカタールに行き、実際に楽しくサッカーをしている、と語っています。

しかし、試合を見ているかぎり、試合中でも笑顔を浮かべることもある中島選手が、楽しそうな表情をほとんど見せません。

どこか辛そうな表情で、そのひとつの要因が、試合中に「パスをもらえない」ということにあると思います。

明らかに中島選手にパスが来ないことも多く、孤立している状態が長く、それが一体なぜなのか理由は分かりません。

先ほど触れたように連携がそもそもうまく機能していないために中島選手も浮いてしまっているのか。

それとも信頼がまだないのか、あるいは意図的に回さないようにしているのでしょうか。

特にアルドゥハイルの17番のジュニオール(ベルギー生まれ)選手が、相当我の強い選手で、なかなか中島選手にパスを出しません。

移籍後まもなくの試合では、中島翔哉選手への激しいタックルもファールの笛を吹かない、ということも目立ちました。

いわゆる「中東の笛」が、こういう場面でも行われるのかどうか、その辺りのことは分かりません。

もちろん日本人だから贔屓目に見ていることもあるのでしょうが、わざわざ中島選手にパスを出さないように映ることがほんとうに頻繁にあります。

また最近では減ってきましたが、中島選手自身もそのチームの空気のなかで気遣っているのか、ボールを受けても個人で突破したりシュートに持ち込む頻度が少なく感じました。

これは徐々に解消され、中島選手らしくシュートまで持ち込んだり、そのときどきの最適解を「考えないで」選択できることも増えてきました(それまではちょっと「考えている」プレーが多かった気がします)。

とにかくこの「パスをもらえない」ということが解消され、チーム内に馴染んでいくことができれば、毎試合得点や一試合複数得点もじゅうぶん可能なくらい技術面では圧倒しています。

ただ、連携がうまくいっていないことが、そもそもモチベーションの問題で、そのモチベーションの問題の根っこに観客が少ないということがあるとすれば、中島選手にとって、またルイファリア新監督にとってもしばらく試練の日々が続くかもしれません。

中島翔哉とルイファリア監督の関係性は良好中島翔哉とルイ ファリア監督の関係性は良好 アルドゥハイルに所属する中島翔哉選手。アルドゥハイルの監督は、ルイファリア監督です。 ...

中島選手自身は手応えも

一方、中島翔哉選手自身は、このアルドゥハイルとカタール移籍に手応えを感じているようです。

以下は、カタール移籍後のインタビューから現在の状況について語っている部分をまとめました。

(移籍の理由は)すごくシンプルで、このチームなら、すごくサッカーを楽しんで、ポルティモネンセにいる時よりサッカーを楽しんでプレーできると思いましたし、サッカー選手としての自分にとっても、人間としての自分にとってもすごく大事なものを得られるというか。すごくいいチームに来られたと思いますし、今の自分にとっては一番いいチームに来ることができたと思っています。

(中略)

カタールのサッカーはあまり見られることはないと思うので、どういうレベルかっていうのは日本の人には伝わっていないですけど、それは自分でしっかりと分かっていればいいことなので。自信を持ってこのクラブに来ましたし、成長できると、実際に1試合やってそれはすごく感じたので、今はもうホントに、来て良かったな、としか思っていないです。

出典 : 中島翔哉、カタールで何を思う…移籍後初の独占インタビューが実現

本当にいろいろなクラブが話をくれましたけど、そのなかでもアル・ドゥハイルはすごく自分に合っていた。実際に移籍が決まるまで2回ほど行きましたけど、サッカーの面もサッカー以外の面も魅力的で、より楽しくサッカーをするために成長できると思ったので。町の人々や食事も含めてすごく住みやすいし、いまは奥さんと2人で幸せに暮らしています。サッカーにもつながってくる点で、そこが一番大事かもしれないですね

出典 : なぜ日本代表の中島翔哉は背番号「10」と移籍金44億円に関心がないのか?

(守備の意識について)カタールでは監督からずっと言われるので、あんまり言ったら怒られるかもしれないけど、それがすごく成長につながっている。これまでの代表戦の時よりは前のほうでボールを奪えたと思うし、そういうのを求めてカタールに行ったというのもある。

出典 :「それを求めてカタールに行った」中島翔哉が証明した“電撃移籍”の意味

成長するために行きましたし、楽しむために行きました。チームメイトも監督も素晴らしいので、色々なところを吸収できていると思います。アジアカップでもそうでしたけど、カタールの選手はボールを奪うのが上手ですし、攻撃も個人で行ける。チームも両方を持っているので、自分もそこを磨きたい。守備でボールを奪う時のポジショニングのアドバイスもよく監督からもらうので、本当に色々なことを学べていると思います。

出典 : 「監督にすごく言われるので(苦笑)」…コロンビアを翻弄した中島翔哉が身に付けたこととは?

このように中島選手自身がカタール移籍に手応えを感じ、「楽しいサッカー」ができ、成長にも繋がると語っている以上、それは信じたいと思います。

そして、もし今はまだ手こずっていたとしても、いずれはアジャストしてくれることでしょう。

中島選手が自然体で楽しんでくれるなら、それが一番です。